アトピー性皮膚炎による色素沈着の治療症例写真

 アトピーで悩まれている方は、数多くいらっしゃいます。炎症が激しく、かゆみが激烈な時期は軟膏治療、内服治療などで対症療法的に症状を抑えて様子を見るのがいいでしょうが、問題は、ある程度、急性症状が治まって、炎症があまり起きなくなってきた成人期以降に、色素沈着が残ってしまい、皮膚が黒く、醜くなってしまった状態の治療です。
 
アトピー性皮膚炎色素沈着に対する治療は今まで二の次にされてきた感があり、色素沈着治療に積極的に取り組む医師もいませんでした。

 なぜなら、そもそもこの色素沈着そのものが、「炎症後色素沈着」と呼ばれるもので、「治療不可能」と考えられていたものだからです。
レーザーは禁忌です。かえって。色調を悪化させます。
「このまま様子を見るしかない」というのが、今での医学的常識でしたし、いまでもほとんどの医療機関では、この認識は変わっていません。


一方で、このような色素沈着を気にして治療を希望される方が後を絶ちません。
このような方のご要望になんとか答えられないかと思い、私はこの難題に取り組むことを、5年ほど前からはじめています。そして最近やっと、いい結果を出せるようになって来ました。

 レーザーは禁忌ですですから使えません。
レーザーより弱い光、フラッシュ光線を使うことにしました。
最初は、出力の調整が難しく、なかなかいい結果が出せませんでしたが、あることに気がついてから、わりといい結果が出せるようになりました。
下の写真を見て下さい、長年のアトピーで乾燥肌、荒い肌質になっています、炎症時期ではないですから、治療してみました。
5回ほどフラッシュ治療したところで、顕著に結果が現れました。ご本人も大満足しておられ、今でも継続治療されています。

アトピーによる乾燥肌、荒れた肌、色素沈着は非常に治すのが難しい疾患ではありますが、けっして治療できないとあきらめるものではありません。
フラッシュ光線治療でかなりいい結果が出せます。

アトピー1.jpg

アトピー2.jpg

さて、アトピーは全身疾患ですから、顔以外の部分にも症状が出るわけです。当然、色素沈着も全身に見られます。中でも皆さんが気にされるのは、背中色素沈着です。

 下の画像は背中と腕の色素沈着の典型的症例です。これだけ広範囲ですと治療は簡単ではありませんが、フラッシュ光線を使いますと、治療時間も短くて済みますし、カサブタになったり、傷跡になったりすることはありません。1回の施術では治癒しませんが、何回か施術を重ねることで、徐々に色素沈着がうすくなります。

アトピー後色素沈着 背中.jpg

アトピー色素沈着治療画像.jpg
  Before                                       After




アトピー上腕.jpg

アトピーの脱毛で問題になるには自己処理によって毛穴を痛めてしまうということです
毛穴がぶつぶつ盛り上がった状態なため 脱毛によて自らの毛穴を痛めてしまいます
ですから自己処理は難しいわけです

毛穴を痛めることによって毛穴の色素沈着もできてしましまいます

そういう場合はフラッシュ脱毛で永久に毛が生えないように脱毛するのが得策です

フラッシュ脱毛であれば アトピーの方の脱毛も可能なのです

脚脱毛アトピー222.jpg

脚脱毛アトピー333.jpg