プチ整形 二重 ふたえ 埋没法

二重プチ.jpg

二重まぶた ふたえ の手術には 大きく分けて2種類あります

 ひとつは 切開法といって、二重のラインにメスで切開をいれて、余分な皮膚や脂肪を切除しながら、二重の癖をつける方法。

 この方法は、はれぼったい目の修正や、皮膚がたるんであまった感じの方の瞼の修正にむいています。

 そしてもうひとつは、埋没法と言って、メスを使わず、瞼を2箇所、または3箇所ほど、糸で留めることによって、二重の癖をつけてあげる方法です。

 埋没法は切開法に比べ、ダウンタイムも少なく、術後の腫れ、出血がほとんど目立ちません。

 メスを使わない方法ですから、プチ整形のひとつと言っていいでしょう。

 瞼の皮膚がたるんでいる高齢者や、はれぼったい瞼の方で、脂肪が厚い瞼の方の施術には向きませんが、皮膚のあまり、たるみが少なく、はれぼったくない方が二重にしたい場合にはいい方法です。