レーザー脱毛の種類  ダイオードレーザー  アレキサンドライトレーザー

現在使われているレーザ脱毛機は大きく分けて2種類です

1、ダイオードレーザー

    ライトシェアといダイオードレーザー装置が一般的に普及しています
  皮膚面をコンタクトクーリング(接触冷却)しながら、レーザーを照射するため、皮膚を守りながら、高い出力での脱毛が可能だとされます。そのため、高出力で産毛、細い毛も脱毛できるといわれています。


2、アレキサンドライトレーザー

  一番初めに日本に導入された、レーザー脱毛機です。冷却風によって皮膚を保護しながら照射するタイプ(サイノシュア社のLPIR)と冷却ガスを吹き付けながら脱毛するタイプ(キャンデラ社のジェントルレーズ)があります。

これ以外に、ヤグレーザーの脱毛機もありますが、あまり一般的ではありません


ダイオードレーザーでもアレキサンドライトレーザーでも、効果に違いはないと言われています。

一般的には、ダイオードレーザー脱毛機のほうがレーザーの機械の値段が安く、メンテナンスフィーも安いので、施術料金はダイオードレーザーのほうが安いことが多いようです。

これはあくまで、クリニックサイドの都合ですね(笑)