扁平母斑

 扁平母斑と言われるしみあざ)があります。子供の頃からあることが多いです。カフェオレスポットとも呼ばれるくらいで、カフェオレのような茶褐色をした盛り上がりのないあざ(しみ)です。全身何処にでもできますが、顔にある場合は、目の横、口の横などに見られることも多いですね。

 従来はQスイッチレーザールビーレーザーヤグレーザー等)で治療していました。その際の治癒率は30%と言われていました。
すなわち、3割の人が完治、3割の人が一度は取れるけど再発、3割の人が取れない
といわれており、あまり成績のいい治療法ではありませんでした。それくらい、扁平母斑は治すのが難しいとされています。

 わたしは、扁平母斑に対してはレーザーではなく、I2PL、またはIPLを使用しています。レーザーほど、ピークパワーが高くないので、リバウンドが少なく、再発率が低いです。かさぶたにもなりませんので、治療後もお化粧もできて、人に気づかれることはありません。

 
症例写真です。シミに見えますね。扁平母斑というあざの一種です。これもなかなか一筋縄ではいかない色素班で、治療する医師の力量が問われます。 レーザーでもI2PLでも治療できますが、I2PLのほうが、りバウンドが少ないですね。
しみ治療 I2PL 扁平母斑2.jpg