にきびはステージごとに治療法が違います



にきびにはいろいろな原因、ステージがあって、それによって治し方対策が違います。スキンケア化粧品対策ももちろん重要ですが、それだけでは十分ではありませんね。やはり、きっちり治療しないと治す ことはできません。
症例写真を見てください。この写真のように重症なにきび、吹き出物でも、フラッシュ光線治療でほぼ完全に治す ことができます。治療の目安は3ヶ月です。完治後もにきび予防にもなりますので、継続して治療するといいですね。スキンケア化粧品洗顔方法皮膚科保険治療のみではここまでの改善は期待できません。
にきび治療6.jpg


にきび治療のポイントは、にきびのステージを見極めてそれにあった治療を選択することです。高校生のにきびは赤にきびといわれる、毛穴の詰まり、脂性によるにきびのことがほとんどです。背中にきびができることもあります。
I2PL バフライト ダイオードレーザー治療しますにきび治療1.jpg



20才をすぎてできてくるなかなか治らないにきび大人にきび の可能性があります。ホルモンが関与しています。不規則な生活やストレス原因になります。毛穴の詰まりを改善する治療が必用です。ピーリングや、フラッシュ光線治療が有効です。スキンケアも平行して行います。プロアクティブを使う人もいます。
にきび治療3.jpg



大人にきびです。治し方がわからずにを自分でつけている方が多いですが、それでは治療になりません。原因を診断して予防にきび対策スキンケア治療洗顔指導化粧品指導までやります。皮膚科をもらうだけでも治りませんね。にきびになってからでは遅いです。特にあごにきび色素沈着をおこしてにきび跡になりやすいので注意が必用です。
にきび治療4.jpg



皮膚科治療を1年間続けても治らなかった頑固なにきびです。 放置するとにきび跡になりますので注意が必要です<。アダルトにきび大人にきびです。このような方は、背中にきびができることも多いですね原因を見極めて対策治療しますと、にきび跡になることなく、この症例写真のようにきれいに治す事ができます。
にきび治療5.jpg