米ぬかアラビノキシラン誘導体とは

米ぬかアラビノキシラン誘導体とは
お米に含まれる成分で きわめて抗酸化作用 抗がん作用が強いといわれる物質で 小さな分子のため吸収がきわめてすぐれており 体内に取り込まれた時から ナチュラルキラー細胞を活性化して がん細胞を死滅働きがあるとされています  もちろん 免疫力を高めて がんにならない体を作るににも役立つわけです
そういうわけで 抗がん作用が注目されているのです
 
アラビキシン誘導体とは.jpg