キチン キトサン とは

キチンとは
 
キチンというと鶏肉のように思えますがきちんとはカニやエビの甲羅からとれるたんぱく質です
これはかれこれ20年以上前から形成外科の分野でも使われていました やけどの時の被覆材としてベスキチンというカニの甲羅から製造した人工皮膚を使っていました 今はあまり使われなくなりましたが 昔はやけどの手術後の患者さんなどにはこのキチン膜をよく使っていいたものです
今思うとこのキチン膜は創傷被覆材なわけですから 人工皮膚として肌にいいものは美肌治療にも使えるんじゃないかと考えています 
たとえば フラクショナルレーザー後の皮膚保護であるとか レーザー処置後の創被覆です 検討する余地があるのではないかと思います  キチン膜は薄くて皮膚になじみやすいので 美容皮膚科処置後の傷の手当につかえる可能性があります
その他の一般的なキチン効果はいろいろあって

kitinn.jpg