しみを消すということとは

シミを消すということは しみを完全に消し去ることではありません いかに目だなくするかということです とくにかんぱんがベースにあるしみは完治(まったくシミを消す)を目指すのではなく ほとんどわからないくらいにしみをうすくすることを目標としたほうがいいです なにごともそうですが100点満点は難しい 90点の治療が目標です 100点をめざそうとするほど50点以下になったりするものです シミを消す治療とはしみ取り治療ではなく しみをうすくする治療なのです

            

       しみ(日光黒子 軽度のかんぱん)の治療

しみの治療 消す 写真.jpg

 フラッシュ光線治療前            フラッシュ光線療法後

しみ 治療 画像 写真.jpg

ほほのしみ(日光黒子)にくわえて潜在性のかんぱんがある症例です

シミの色はかなり薄めの茶色です 「うすいしみだから簡単に治るだろう」と思われるかもしれませんが じつは濃いシミより治すのが難しいのです いっぱんにしみは薄ければ薄いほどしみを消すのは難しいのです 皆さんは逆にに思われてるかもしれませんね 「このしみは薄いからすぐ消せますよね」というかたがほとんどからです これは間違いなのです「うすいしみだから 治すのに時間と手間がかかります」というのが本当です うすいしみは皮膚の奥深くに色素があることが多いのです しみがうすいということは しみの程度が軽いということではありません しみが皮膚の奥深くにあるからうすく見えるのです 皮膚の深いところにあるしみほど治療は難しいのです それでも フラッシュ光線で根気良く治療を続けますと 写真の方のようにきれいにうすく出来ます 

           うすいしみの治療はフラッシュ光線の高輪美肌