赤いにきびあと 白いにきびあと

ニキビ跡 にきびあとには2つのパターンがあります

1、ニキビのあとが赤くなってなかなかひかないタイプ いつまでも赤いニキビ跡

2、にきびができた跡が凹んで凸凹になっている肌のタイプ クレータータイプ

どちらのにきび跡かによって治療法はことなります

1の赤にきびあとの場合はフラッシュレーザー光線療法でよくなります

写真をお見せしばがら解説しましょう

                       

          にきびあと症例写真1ニキビ跡1.jpg

赤いにきびあと 治療前       赤いにきびあと治療後

フラッシュ光線療法で治療しました 赤いニキビ跡がきれいになっています

白いにきびあともよくなっています やや凸凹した感じが滑らかになっていますね

 

           ニキビ跡症例写真2

にきびあと2.jpg

赤にきび跡治療前        赤ニキビ跡治療後

にきびがなかなかひかずに赤くなっている方です まだ程度は軽いです

この程度ですと 数回のフラッシュ光線治療できれいになります

 

 

            にきびあと 症例写真3にきびあと3.jpg

赤にきびあと 治療前          赤にきびあと 治療後

こちらの方はかなり長い間赤いニキビ跡に悩まされている方です フラッシュ光線療法を始めて次第に赤みはひいてきました 治療完了後は赤いにきびあとはほとんど目立たなくなりました

 

         にきび跡症例写真4

にきびあと4.jpg

赤にきび跡治療前       赤ニキビ跡 治療後

こちらの方はかなり重症な赤ニキビ跡です フラッシュ光線療法を継続治療することで とてもきれいになりました 毛穴の開きもかなり目立っていましたので フラッシュレーザー光線療法で毛穴の引き締め治療も同時に行いました